あの時あぁしていればよかったとか
今更考えたって 結局同じ答えだったかもしれない
けれど
それでも

何もかもが上手くいかないのに
ふと思い出してしまう
君の仕草が僕のクセになってしまっているね

上書きなんてできやしない
単純な事なんだけれど
それ程君に僕は恋してたんた

ある訳ないと思ってたけれど
運命だと感じたんだ
夢の為 頷いたけれど
不器用な愛し方だったね
夢の中でまで君にフラれ

嘘をついてまで大切にしようとした
深く傷つけてしまうとしても

今となってはもう分からないけれど
何か変わっていたのかな

知りたくもないのなら
何故枕を濡らすのだろう
単純に君を忘れたくないから

君の姿 見かける度に
これで良かったと 言い聞かす
夢の為 負けないように
かき鳴らしていたんだ
君は遥か彼方